かつては韓ドラブログ。今はジュンス@JYJペン!時々書きます。
by kbkbY
プロフィールを見る
画像一覧
【別館のご案内】
【Xiah Love】
TVXQのYouTubeばかり集めた私(別名xiahxx)のブログです
記事ランキング
画像一覧
検索
最新の記事
星から来たあなた#12 17..
at 2017-05-24 09:55
ゴハン行こうよ2#3 17/..
at 2017-05-23 19:46
星から来たあなた#11 17..
at 2017-05-23 09:36
思いっきりハイキック!#13..
at 2017-05-22 15:59
思いっきりハイキック!#12..
at 2017-05-21 13:07
大丈夫、愛だ#1 17/05..
at 2017-05-20 10:48
思いっきりハイキック!#11..
at 2017-05-19 10:13
思いっきりハイキック!#10..
at 2017-05-18 08:50
星から来たあなた#10 17..
at 2017-05-17 13:41
思いっきりハイキック#9 1..
at 2017-05-17 07:57
最新のトラックバック
ベートーベン・ウィルス ..
from ☆+*+パンダのドラマ&いろ..
食客 第17話
from ☆+*+パンダのドラマ&いろ..
食客 第12話
from ☆+*+パンダのドラマ&いろ..
新大久保 ”味ちゃん”行..
from 韓ドラのたまり場
おもいでいっぱい☆
from おはよう!かわいいワンちゃん
フォロー中のブログ
~xiaHeaven`s...
カテゴリ
全体
思いっきりハイキック!
大丈夫、愛だ
ゴハン行こうよ2
星から来たあなた
JYJ
東方神起
パク・ヨンハ
韓国ドラマ
韓国映画
曜日別(2005/5月)
韓タメ
キルミー・ヒールミー(終)
ミセン(終)
屋根部屋のネコ(終)
チャングムの誓い(BS)(終)
ガラスの華(終)
チャングムの誓い(地上波)(終)
アニメ・少女チャングムの夢
美しい彼女(終)
太陽に向かって(終)
Happy Together(終)
悲しき恋歌(終)
真実(終)
サラン ~Love~(終)
初恋(終)
オールイン(終)
ラブレター(終)
愛の群像(終)
秘密(終)
天国の階段(終)
ベストカップル(終)
窈窕淑女(終)
新入社員(終)
ローファーム(終)
チェオクの剣(終)
ピアノ(終)
サンドゥ、学校へ行こう!(終)
輪舞曲~ロンド(終)
雪だるま(終)
グリーンローズ(終)
天国の樹(終)
快傑春香(終)
クッキ(終)
ラブ・バード(終)
砂時計(終)
勝手にしやがれ(終)
アイルランド(終)
ウェディング(終)
4月のキス(終)
火の鳥(終)
愛していると云って(終)
冬のソナタ(TBS版)(終)
星を射る(終)
春のワルツ(終)
天国の階段(TBS版)(終)
プラハの恋人(終)
フルハウス(終)
復活(終)
宮~ラブ・イン・パレス(終)
北京 My Love(終)
ホジュン(終)
私の名前はキム・サムスン(終)
スマイルアゲイン(終)
キツネちゃん、何して~?(終)
雪の女王(終)
君☆(終)
ある素敵な日(終)
ファンカ(終)
マイガール(終)
宮S(終)
バラ色の人生(終)
ブルーフィッシュ(終)
天国への扉(終)
わが家(リタイア)
銭の戦争(終)
タルジャの春(終)
白い巨塔(リタイア)
朱蒙
白雪姫(DVD)
ラストダンス~(DVD)
不良家族(DVD)
コマスムニダ(DVD)
外科医ポンダルヒ(DVD)
ニューハート(DVD)
オンエア(終)
食客(終)
スリングショット(終)
魔王(終)
IRIS(DVD)
犬とオオカミの時間(DVD)
ベートーベン・ウィルス(終)
ボスを守れ(終)
その他
韓国旅行
SJ
ジュンス
未分類
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 08月
2016年 05月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
ライフログ

BEST SELECTION 2010(2CD+DVD)


BREAK OUT!(ジャケットA)


HISTORY in JAPAN Vol.4 [DVD]


COLORS~Melody and Harmony~/Shelter


4TH LIVE TOUR 2009-THE SECRET CODE-FINAL IN TOKYO DOME [DVD]


All About 東方神起 Season 3 [DVD]


3rd LIVE TOUR 2008~T~


T(2DVD付)


The Secret Code(2CD+DVD付)


どうして君を好きになってしまったんだろう?


呪文-MIROTIC-(DVD付)


Bolero / Kiss The Baby Sky / 忘れないで(DVD付)


Survivor ~090325 4th Album


Share The World / ウィーアー!(DVD付)(ジャケットA)


Stand by U(DVD付)(ジャケットA)


Memories in 2010 [DVD]


THANKSGIVING LIVE IN DOME【通常盤】


XIAH(DVD付)(ジャケットA)【初回限定盤】


THANKSGIVING LIVE IN DOME LIVE CD


JYJ first Album- The Beginning(韓国盤) [限定盤]


「THANKSGIVING LIVE IN DOME LIVE CD」+「Memories in 2010」(DVD)<特典ポストカード3枚組セット付き>


JYJ Music Essay - Their Rooms(韓国盤)


3HREE VOICES [DVD]


JUNSU/JEJUNG/YUCHUN THANKSGIVING LIVE IN DOME PHOTO BOOK [ライヴフォトブック:DVDではありません]


東方神起 History in JAPAN SPECIAL [DVD]


韓国ドラマ「成均館スキャンダル」OST


JYJ / The Beginning (2CD+1DVD) (Worldwide Concert In Seoul Edition)(韓国盤)

その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
韓流スター・ドラマ

<   2006年 02月 ( 34 )   > この月の画像一覧

輪舞曲~ロンド 06/02/26 Sunday

d0045458_9142123.jpg
21:00 TBS「輪舞曲~ロンド」第7話「新章突入」

前に書いた、知人の会社近所の東池袋のペットショップ、今回出てきましたね。知人はお得意さんなので、オーナーから「夜中に来て撮影していったけど、チェ・ジウは来なかった」と聞いていたそうです。でもお得意さんなのに、撮影スケジュールは教えてくれなかったそ~です。仕方ないだろうけど。

それから、土曜夕方からの「チャンネル☆ロック」という番組で、「チャメ」に薬丸君と笑瓶さんが行って、ゲストがユニ(イ・ジョンヒョン)とRUI(イ・スンチョル)でした。ユニは日本語すごく上手!びっくりしました。RUIさんも気さくな方で、みんな楽しそうでした。お約束で超激辛の料理が出てきて。ユニは「辛くないですよ~」と軽く言ってたけど、やっぱり味覚が違うのかな?また疑問に思ってしまいました。

さて、小ネタはこのくらいにして・・・

いきなりネタバレですが、今回、ユナ(チェ・ジウ)が大嘘つきであることが分かってしまいました!多くの方が予想した通り、ユナは宋君(橋爪さん)の娘だったし・・・「プログラミングの完成」なんて話をしていたから、神狗内でも活躍していそう。

少し話を戻すと、例のペットショップでムッシュに呼び止められるユナ。(あら?じゃあ、竹野内君が来て撮影した回もまだ残ってるのか~)ベッキー(二人の役名覚えてないわ・・)に可愛いと勧められた首輪をジャスに買ってあげて、琢己の部屋の前で待っていたユナは「オカエリナサイ」だって。ジャスの首輪に気付いた琢己に「お父さんを探してくれてるお礼」だと言うユナ。でも「お父さんを探さないで。あなたが大切だから。あなたを愛してるの!」「サランヘ」を連呼していたユナだったのに・・・

今週のラスト。「二人だけで会いたい」と電話してきたユナに、琢己が会いに行くと「私は宋の娘よ」と言い放つユナ。神狗メンバーも引き連れて来ていました。銃を向けられてしまう琢己は「おい待て!教えてくれ、全部ウソだったのか?」ユナは「あなたを愛したことなどない。ただの一度も」と冷たく言って立ち去ってしまうのでした。ユナ豹変~!

船に落ちていたネックレスも、母のものだとウソをついてました。「イム・アジンだからA」のイニシャル付きで、母が亡くなってからは父が持っていたって。それにネックレスもちゃんとユナは自分のを付けていた(あれはほんとかな?)でも、妹は「お母さんはイム・テヒですよ」と言ってすぐバレてたし・・・「パソコンはお姉ちゃんの方が上手で、プログラミングもできる。でも隠してる」と言っていた。隠してる??そう言えば「お父さんのこと何かわかった?」と聞く妹もだましているんだー!まだまだウソが出てくるのかな??

それから新たな謎。父の逮捕以来、ホテルにいる風間娘の世話をしろと風間息子に言われた琢己が、彼女に会いにいくとアルバムを持ってきていた娘。はい~ちゃんと龍一郎(杉浦さん)の夏の写真で、傷のない腕が写っていました~!驚く琢己。「お父さんの腕の傷はいつ頃の?」の答は「6年位前よ」です。琢己の父を殺したのは隆一郎ではありませんでした。だって、傷が明らかに違っていたもんね(新たな謎じゃないじゃん・・)

ユナと琢己の恋愛はどうなるのかしら?もうそんなこと言ってる場合じゃないか・・・

さて、今週のテファ兄(ヨンジェ)は?
龍一郎逮捕に揺れる神狗では、話し合いが持たれていました。「これからは俺に従ってもらう」と言う風間息子龍吾に「ウチはNOだ!」と言ったテファ兄。いきなり龍吾に撃たれてませんでした?うめき声一つあげてなかった気がするけど・・・さすが、テファ兄??なんにしろ、あの部屋、暗いよー!
そして、余計な予告編で、テファ兄、やっぱりナニだった、みたいな~。
ユナが悪で、テファ兄が善。これはもう決まりのようですね。
私は「実はこの二人が兄妹」という説が気に入ってるんですけどね(笑)
[PR]
by kbkbY | 2006-02-27 09:16 | 輪舞曲~ロンド(終) | Comments(16)

ローファーム 06/02/17 Friday

d0045458_18592328.jpg
20:00 WOWOW「ローファーム」第14話「哀しき過去」

まず、疑問その1BGMに、変な異音が混じって聞こえるんだけど・・・気のせいかなあ。特に顕著なのは、ピアノソロのバラードに、明らかに音が合ってないバイオリンがチョロチョロ入る、とか。ものすごく気持ち悪いんだけど、WOWOWさんは説明してくれないかしら~。

それから最近の疑問その2ジソプ君の右顔にだけ、ホクロが多い~。ファンの方、いかがかしら・・・今度、ブログ回りをして聞いてみようかな。ヨンハはホクロ取りしたみたいなんですけどね~(笑)

まずは、嫌なおデブちゃん(強盗と婦女暴行の犯人)の弁護をするスンホン。求刑は10年でしたから・・・再犯なので罪は逃れられないと思うけど、弁護するスンホンとしては無罪を主張せざるをえません。とりあえず、精神科の通院歴で心神耗弱を狙うつもりなのかも。

先週のミラの誘拐事件。人身売買や売春といった現実を抱えた法村なのに、その対極ともいえる暴行犯を弁護するスンホンを、回りはやっぱり理解してくれない。。。

それは、ジソプが持ってきた話。法村のやり方に不満を持つ彼が、金のためにこんな嫌な事件でも弁護しろ、と。スンホンがこれを受ければ、自分も法村に残るという、交換条件のような話だったのです。ほんとのところは、好きなジョンアが、スンホンと恋人同士になっていくのを見たくないだけの話なんだけどねえ。

いろいろ責められて、やっぱりジソプも悪いと思ったんでしょう。代わりに、ミラを誘拐した悪男を捕まえるために、一肌脱ぎます。あの卵茶おじさんとこのおデブ娘ちゃんと3回デートするって条件で(笑)

今回は、この捕まった悪男の裁判と、嫌なおデブちゃんの裁判が両方描かれます。と言っても、おデブちゃんがあまりに酷いヤツで、両親も息子溺愛の輪をかけたイヤなお金持ち・・・さすがに頭にきたスンホンたち男3人が刑務所に行って、ケリ入れたりして決裂したようですけどね(笑)

ミラの方は、辛い証言(「哀しき過去」ね)をしなくてはいけないので、かなり抵抗はあったようだけど、ジョンアに支えられて賠償金をもぎ取ることができました!ミラも「裁判してよかった。胸のつかえがとれた」と嬉しそうでした。これで、過去と訣別できたらいいわね。

ところで、先週、突然結婚することになったジン嬢とゴンウ兄。婚約中だというのに、ちっともラブラブじゃありません・・・それどころか言い合いになっちゃう。
ゴ「結婚の約束後、一度も笑ったのを見てない。結婚はやめよう。こんなはずじゃなかったが、もう疲れた。俺が身を引く」
ジ「お礼を言うべきかしら。これ以上、ここにいられないわ。父の会社を頼むわね」
ええ~~ 結婚は辞めるとしても、お父さんの会社どーするの?
家で一人泣くジン嬢。バーで一人飲むゴンウ兄。だめじゃん!一生守ってあげなきゃ~。ずっと好きだったんでしょ。

二人の結婚話にも沸いた法村だけど、突然の破局にも動揺した皆。
スンホンは、ジョンアに断ってからジン嬢に会いにいくつもり。
ス「ジンに会いに行く、友人として、同僚として」
ジョ「私がジソプに会いに行っても平気?」
ス「その程度か」
ジョ「私はその程度の女よ」
ス「仕方ないな。行くよ」
あれれ、この二人もまた、信頼が足りないとゆーか・・・

その頃、留学してロー・スクールに行こうとしていたジソプの部屋で、数人の男達が捜索をはじめています!公務執行中だって!何があったの~、でつづくです。
[PR]
by kbkbY | 2006-02-25 18:59 | ローファーム(終) | Comments(2)

ヨンハ うたばん 06/02/23

d0045458_10241383.jpg
20:00 TBS「うたばん」

キャプチャできないので、歌ってる別な写真ですけど・・・
こんな白ジャケに、Vネックのような胸のあいたニットで歌いましたね。私、あーゆーニットちょっと苦手(笑)こーゆーシャツの方が好きです~。

ともかく、曲はアルバム「WILL BE THERE...」から「Birds in your cage」ふう~ん、ちょっと変わった曲。これ、作詞誰でしょう?絶対松井さんじゃないと思うな。ちょっといまいちな感じ(失礼)「君にはまってる」とか「君に風邪こじらせる」て詞、変です今時・・・

↓  キャプチャできました! 「愛の彦星」??



それからトークでは、今回はすっかり横峯さくらパパに持っていかれちゃいました。通訳もいっくんじゃなかったし・・・

そうだ、まずタカさんがTシャツ姿のヨンハの胸板が厚いって触って~、ついでに乳首まで触って~「コリコリしてる」だなんて!なんて失礼なの、タカさん止めて!まったくもう。

  ↓ この後の問題シーンは怒りを込めて自粛します~




さくらパパのゴルフ指導があって、途中で折れちゃうクラブをヨンハがうまく折らずにスイングしたら、優しく振るのがポイントらしくて。
パパ「女性にやさしいでしょ」
ヨンハ「特に女性にやさしいです」
まあ、想定内のコメントですかね~。

髪は長いままで、ちょーー可愛かったです。
客席でお弁当を食べてるさくらパパの方を見る時のヨンハがアップになって、あれは満足のいくアップでした~(笑)
[PR]
by kbkbY | 2006-02-24 10:24 | パク・ヨンハ | Comments(6)

新入社員 06/02/23 Thursday

d0045458_937421.jpg
21:00 BSフジ「新入社員」第17話「真実と正義」

ボンサムと取締役の陰謀にハメられたカン・ホ。しかし先週のうちに真犯人がボンサムと分かって、証拠となるボンサムの話はカン・ホの携帯に録音してあったから、今週はすっきり逆転!と思っていたのに・・・

カン・ホはその証拠を会社で出すことはなく、ボンサムに「お前の口から今日中に話せ」と一任してしまう。
それは、ボンサムがなりふり構わず、カン・ホの家までやってきて、土下座したりカン・ホの足にすがったりして謝ったから??
ボ「もう昔には戻りたくない。頼む!お願いだ!」
カ「お前にはプライドもないのか、ちくしょー!」
カン・ホ、ずっと苦労してきたボンサムを知ってるから、責めることができなくなっちゃったの?自分が会社を追い出されるピンチだっていうのに~。

カン・ホはじっと黙って我慢してくれている。焦るボンサムは取締役のところへ泣きつきますが、この取締役!ボンサムを見放しちゃったよ~「自分には関係ない。巻き添えにしないでくれ」だって。ほんとに悪いヤツだ!!

ミオクは、社長の娘ヒョナならカン・ホの辞職を止められるんじゃないかと泣きつきます。ここぞとばかりに「私に謝って。カン・ホのそばに近づかないで」と言いたいことを言うヒョナ。ヒョナは確かに、監査の人に「事件の夜、彼は私といたんです」と、アリバイを証明してくれるけれど、「社長の娘がしゃしゃり出てもダメ」と部長に言われてしまいます。しかも解雇通知書をもらってしまって、とうとうクビになってしまうカン・ホ!ミオクの願いもむなしく叶わずか・・・

ボンサムは自らの罪は公表してくれなかった・・・屋台でヤケ酒のカン・ホ??
やはり足が向くのは、ミオクの家ね。
カ「僕と話したくないみたいだな。じゃあね」
ミ「違うの!すごく心配したんだから。私は犯人じゃないと思ってる。会いたくてたまらなかった」と、泣き出すミオクを抱きしめるカン・ホ。あら、これを機会に二人は仲直りね~。

会社には「丸山会長」が来る。えーと、この日本人、何だったっけ(汗)ともかく、カン・ホに会いたいと言います。焦ってカン・ホを呼びつけようとする会社側。なんだかなあ。丸山会長が契約か何かの返事を保留したからね、カン・ホがいないってだけで。

その頃、カン・ホの濡れ衣をはらす作戦を練ったらしい友人たちと変装して(普段着だけど)会社に来て、ミオクに手引きされて社内に入り込むみんな。どんな作戦なんでしょう~。今度はスッキリさせてよー!
[PR]
by kbkbY | 2006-02-24 09:47 | 新入社員(終) | Comments(2)

グリーンローズ 06/02/22 Wednesday

d0045458_9491580.jpg
20:00 BS日テレ「グリーンローズ」第3話

1話で事件、2話で無期懲役の判決、そして3話で逃亡です!やっぱり展開が早い。この先はどうなるかなあ~。

刑務所に入っているチョンヒョク(イ・ジョンヒョクの名前だけだと、この読み方ですね)は、まだまだ動転していて、頭おかしくなりそな顔つきをしています。今回はそんな辛い時には「寄り目」にまでなってました・・・

母の面会でも、すっかり憔悴した様子のチョンヒョク。
「悔しくてたまらない!無実だと叫びたい!」と泣いている息子に、「あんたのことは分かってる、知ってる」と涙する母。本当に苦しそうな二人です。

この後、母は警察か事務所のようなところで、どうしたら出所できるのかを聞いていましたね。これが更なる悲劇を呼んでしまったようです。

そう、母は、チョンヒョクを数日でも刑務所から外へ出すために、自分の身をなげうって、薬を飲んで自殺してしまいました・・・母の自殺に気が狂わんばかりのチョンヒョクですが、葬儀のために1泊2日・刑務官2名付きで外出許可が出ます。

家に帰ると、兄弟や親戚たちが「お前のせいだ!」とチョンヒョクを責めます。
そんな中、会いにくるスワ。スワが面会に来た時、スアを自分から遠ざけようと「自分が犯人だ」チョンヒョクはウソをついていたのでした。

スワ「あれはウソよね?私を忘れさせようとして・・・濡れ衣だと言って!」
チョ「全部正直に話す。お前が会長の娘だということは、皆の噂で知っていた。山で助けたのも、貧しい家の僕のチャンスだったからだ。あの日、会長は僕をののしって、1万ウォンの小切手で手切れ金を出したんだ。全身の血が逆流するような気がした。俺はがやったんだ!
ス「ウソよー ウソよー!」
チョ「本当だ、すまない」
母が死ぬ前に、代々受け継がれた指輪を溶かして、二人分にしてくれていたのに。その指輪も今でははめることもできない二人。和解できるのでしょうか・・・

そして、刑務所に戻る車で、「逃がして下さい」と言い出すチョンヒョク。「そりゃ無理だ」当たり前ですね。ところが本当に車から飛び降りてしまうチョンヒョク!逃亡の始まりです。彼が目指すのはまず、ウソの証言をしていた会長秘書のチャ・ユラン@パリ恋のギジュ元妻。

ユランは、シン理事と大人の関係なんですよね。酔ったユランを部屋まで送るシン理事。テレビではチャンヒョク逃亡のニュースが流れていました。怖がるユラン。
ユ「私はウソの証言をしたのよ
シ「いつまで秘書の仕事をやるんだ?この機会にキャリアアップしたら?上海に空きがあるんだ」 (おや、厄介払い?
ユ「死んでもあなたのそばにいる!」
そうだ、ユランは一生秘書宣言or一生愛人宣言をしていたんだっけ・・・

ユランには危険が迫ってるのに、帰ってしまうシン理事。冷たいなあ。
ほら、やっぱりチョンヒョクが来ちゃいましたよ~、でつづく。

お母さんも亡くなってしまったし・・・この先は逃亡者としてのサスペンスですか。でも、チェオクみたいにドラマのラストシーン、一応先に第1話で見ちゃったし・・・(あれじゃ冤罪晴れてないけど~)
シリアスで暗い感じのドラマのようです。でも、コ・ス君の活躍を見てみますわ。
[PR]
by kbkbY | 2006-02-23 09:52 | グリーンローズ(終) | Comments(4)

サンドゥ、学校へ行こう! 06/02/21 Tuesday


22:00 MXtv「サンドゥ、学校へ行こう!」最終回第16話

ウナンが待つ教会へやって来たのは・・・サンドゥ!
あれ?警察は??と思ったら、片手に手錠がはまったまま。逃亡してきたのね。
サンドゥ「きれいだ」
ウナン「出てって」
サンドゥ「あいつは来ないよ。アメリカへ発った。すまないと伝言を」
ウナン「一人で帰って。私は待つから。声も聞きたくないの。二度と会いたくない。私の前から消えて」

それでも教会の外でウナンを待っていたサンドゥ。「4時間一緒に遊ぼう。その後はきれいに消える」と言うけれど・・・その後は警察に行くつもりなんだね。そんなことはもちろん知らないウナン。「もう疲れ果ててあんたとつきあう気ないの」て言ってたけど、それはウソね・・・

ウナンを送って行くと、ウナン母に呼び止められてご飯に誘われるサンドゥ。ウナンは自分の部屋に行っちゃったみたいけど、家にいた弟がサンドゥに愛想よくて~(笑)なんで高校ではあんなに絡んでいたんだろうね。目障りだったのかな・・・今ではすっかり「大好きなサンドゥ兄ちゃん」を慕ってる。ウナン母はセラのことを思って「償うから」と言ってました。そして「お酌受けて」と言うと、思わず手錠の手を出しちゃうサンドゥ。「内緒にして下さい」母も弟もすぐに納得したようで、詳しいことは聞かず、今日は泊まっていけと言ってくれました。

ウナンの部屋に行ってみると、もう眠っている。そっとキスするサンドゥ。朝、早いうちにウナンの家を出ます。ポリにもお別れの挨拶を・・・ここも悲しかったです。

セラには、許すどころかお礼を言うサンドゥ!「ポリを産んで俺に届けてくれてありがとう。ポリがいなかったら退屈な人生だったのに。ポリのおかげだ、ありがとう」サンドゥ~~~(涙)

病院前で警察におとなしく手を差し出すサンドゥ。パトカーに乗り込むのを、タクシーから見ていたウナンは、タクシーから降りてパトカーの窓を叩く。「私、ウソついた。疲れてなんかいない。死んでも別れないで!」パトカーからずっと後ろを見つめるサンドゥでした・・・

面会に行ったウナンの心はもうサンドゥのものでしたね。「俺を待つな」というサンドゥに、「深く愛し合う人たちには回りが嫉妬をぶつけてくるの。だから誰にも気付かれずにひそかに愛し合おうよ」と言うウナン。

いよいよ出所の日。ウナンはポリと一緒に出迎えに行きます。そこにタクシーから下りてきたアメリカ帰りのちょっとヒッピーな?ミンソク先生(笑)
叔父さんと一緒にやってきたサンドゥ。目があったウナンは道に飛び出して行ってしまう。危ないと思って走ってきたサンドゥと、二人一緒にトラックに跳ねられてしまって!!「私たちひそかに愛し合おう」というウナンの言葉が流れる・・・

誰にも気付かれない世界で、もう一度やり直しているような二人。高校時代・妊娠した教師のウナン・産まれた赤ちゃんに「ピョリ」と名前を付けて3人で家路につく様子が流れます・・・そして、ポリの言葉「パパごめんなさい。さんざん苦しい思いをさせたのに、パパを忘れていきそう・・・今日は必ずパパの夢を見ます」

そこには、ハングルで言葉が流れていました。涙でよく読めなかったんですが、最後は「絶望のない世界で  ウナン&サンドゥより」とあったから・・・天国で幸せに暮らしているんですよね。韓ドラにありがちな「植物状態」じゃないですよねー。ともかくドラマ終了です。

【視聴後記】
そうか~こういう終わり方だったのね。どうしてこんな衝撃的なラストを、2回目なのに忘れちゃってたんだろう(笑)かなり情けないです・・・ともかく、やっぱりこのドラマ好きですね。雰囲気が明るくて。でも切なくて。最初見た時は、ピとウナンの顔がものすごく変に見えたんだけど(笑)、今回はなんといってもピが可愛い!!あの顔で?表情が豊かなので見とれてました。ミンソク先生は・・・前髪が変でした(爆)
ウナンとサンドゥの二人の恋にはジリジリさせられたけど、このドラマもオススメです~。

次回からは「雪だるま」だそうです。あれってまたオッカン@ピアノ出る?
[PR]
by kbkbY | 2006-02-22 09:42 | サンドゥ、学校へ行こう!(終) | Comments(4)

ピアノ 06/02/21 Tuesday

d0045458_749088.jpg
21:00 BS日テレ「ピアノ」第16話最終回

ジェミンを預けて、毒蛇を殺ろうと決意しているギョンホ。ヨンタク先輩に力を貸してほしいと頼みにいきます。先輩は手は貸せないけれど、日曜に荷揚げがあってアジトが手薄になるという情報をくれました。

先輩は、パン屋の丸い人と長い人(イメージ)にギョンホの毒蛇襲撃の話をします。オッカンを先走りさせてはいけないと。二人は「この日のために生きてきた!」と、毒蛇襲撃にコーフンしている様子。他の店員たちにも話していました。皆で襲撃に参加するつもりです。

ジェミンに会いに行くギョンホ。ジェミンはピアノ2号さん家に預けられ、眠っていました。
ピ「遠くに行くの?最後に一目見たくて来た人に見える。お父様にも会って行くの?」

そう、オッカンにも会いに行き、通りで待つギョンホ。あんなに恨んでいたのに~。ほんとにギョンホは変わった!オッカンのタバコに火をつけてあげていました。
ギョ「通りがかっただけだから
オ「中で暖まっていけ。飯は食ったか?」
ギョ「お元気で」
ギョンホが落としたライターを拾って渡すオッカン。なんだか目がうつろなギョンホです。

一方、バカな二人の山荘暮らし。食料が尽きて買い出しに行きます。「白菜一株だけキムチにする」というスア。そのキムチを食べ終わった時、二人の山荘暮らしは終わります。
スア「白菜1つ分食べ終わるまで幸せだった?」
ジェス「死んでもいいくらい」
ス「それはウソだわ・・・願い通りに2人で暮らしたなら、私は自分勝手だから幸せかもしれないけど、お前は無理。生まれてすみませんて思ってる子。すべて忘れて幸せになれない。それで私も幸せになれない」
やっぱりそうなのかな。オッカンが戸籍を変えてくれたけれど、それだけではダメ・・・?

ジェスが以前「二人とも母のお腹に戻ってもう生まれないようにしよう」と言っていたけれど、「生まれてきましょう。生まれ変われるならその時は何の関係もない二人で、惹かれ合うまで誰とも関係なく、お前と私だけ、二人だけで会いましょう」と言うスア。もう二人は涙、涙。私も涙。

ジェス「それはいつ?」
スア「次よ、この次」
その時には、堂々と手を握り、顔も髪も思い切り触り、思い切り抱きしめる、と言うジェス。そのすべてに「そうしましょう」と答えるスア。でも今は、スアを抱き寄せようとしてもできないジェス。悲しい二人でした。(この結論、この後に見た「サンドゥ」のラストに似ていました、「誰にも気付かれないようにひそかに愛し合おう」って。あちらは壮絶な最後だったけれど・・・涙)

そして、いよいよ日曜日。
オッカンは教会に行く日だから、丸い人と長い人にせかされるように送り出されて・・・でも教会の入り口にピアノ2号さんがいて、「夕べ息子さんがジェミンに会いに来ました」と言われる。「通りがかっただけ」「お元気で」といったギョンホの言葉が急に気になるオッカン。ピンときちゃったんですね。タクシーの中で「ギョンホや~ ギョンホや~」とひたすら泣くオッカン!

ギョンホは角棒を持って、手薄になったアジトに殴り込む!荷揚げ係りのヨンタクは途中でアジトに引き返し、お付きの二人も「子供をさらってから嫌気がさしてた。足を洗う覚悟で」と寝返ってきて、ついには他の皆もアジトに戻る。パン屋一行もやってきて、大乱闘に。
ギョンホは毒蛇と殴り合いをしていたけど、意外にしぶとい毒蛇。別の建物に逃げ込みます。追うギョンホはライターを落とし、タクシーで乗り付けたオッカンがそのライターに気付く。毒蛇は隠してあった拳銃でギョンホを狙って撃つ。やってきたオッカンがギョンホをかばって撃たれてしまいますー!
ギョ「起きて!ふざけてないで起きて。困らせないで起きてくれ。こんなのないよ!」ああ、辛すぎます(号泣) 毒蛇はヨンタク先輩が撃ち殺しといてくれました。コマオヨ~。

病院に運ばれたけれど、助からなかったオッカン。スアからのカーディガンを着た姿や、例のハンカチ振りのシーンが挟まれて・・・さよなら、オッカン。悲しいけど、ピアノさんと会えるよね。

喪服の4人がピアノ2号さんの家に入っていく。そこではジェミンが一人でピアノを弾いていて、他の人たちの姿はなかった、と。これでドラマ終了です。この先は「丸投げ」かな?変な言葉だけど、見る人の解釈で未来が決まるという終わりでしたね。

【視聴後記】
こんなにも泣けるドラマは久々でした。インソン君はじめ、若者3人の涙。天使のようなジェミンの涙と笑顔(笑顔にも号泣)そしてあんなに苦手だったオッカンにこんなに泣かされるなんて・・・
キャラクターそれぞれの持ち場のようなものがブレなかったように思います。スアとジェスの恋愛問題。ギョンホの生き方・成長。そしてオッカンの愛情。これらのテーマにどんどん心がつかまれていきました。このドラマはオススメです!
[PR]
by kbkbY | 2006-02-22 07:50 | ピアノ(終) | Comments(10)

ベストカップル 06/02/13 Monday

d0045458_1919739.jpg
21:00 BS日テレ「ベストカップル」最終回 第20話「最後の恋の始め方」

1週遅れでしたが、最終回を見ることができました。
そして20日からは「ラブレター」が始まったんです~(涙)見ようかな、どうしようかな。やっぱ見よう。
ともかく「ベストカップル」、ネタばれかましてよかですね?

はい~ 驚くほどの「めでたしめでたし」でした(笑)

二人の離婚話には両家がだんだん口を挟んできました。ソック継母(トック妻@チャングム)とジョンヒ母(女官長@チャングム)の醜い言い争いも始まってしまい、余計に胸を痛めるジョンヒ。そりゃあ、この二人のガチンコ対決は想像しただけでも怖いでしょ~?(笑)

ソック継母もかなり暴言を吐いていましたが、ジョンヒ母はもう二人を会わせたくなくすぐにでも離婚して欲しいと思っています。「10年でも20年でもジョンヒが許してくれるまで待ちたい」と言うソックの言葉にはまったく耳を貸しません。

ジョンヒと話し合いがしたくて家に戻っても、ジョンヒ母が二人を会わせない。ジョンヒに「部屋から出てきたら縁を切る!」とまで言って阻止していました。さすが、女官長~~??

姉夫婦が離婚危機にあるので、新婚旅行にも行かずにいるアンナ&ジョンヒョク(イ・ウォネ@チェオク)新婚カップル。
アンナ「ここがフィジー?」
ジョ「一緒にいれば幸せだ~。俺達だけが幸せなのが悪くて新婚旅行は気が進まなかったよ。4人で旅行に行かないか?」
ア「2人は私たちのキューピッドだものね!私も一緒にいられれば幸せよ、ダーリン」
はいはい、いいですね~。新婚時代って(爆)

ジョンヒは、テレビ通販の会社社長(サンヒョク先輩@冬ソナ)に呼び止められ、大変なお褒めの言葉をもらった上に、年俸にするからと言われます。「会社の宝」とまで言われて!信じられないジョンヒとアンナが控え室で喜んでいると、ソックの浮気相手司会者女がやってくる。アンナは聞こえよがしに「無駄な人件費はカットしないとね。人員整理するようだわね」と言い、「先輩、年俸昇給のお祝いに行こう!」と言います。無言で聞いてた司会者女・・・あの、でも、この女、これでフェイドアウトなんですけど~。もう少しお仕置きしといてもよいのでは??

アンナ夫妻のキューピッド計画は、こういう筋書き。
それぞれがソック夫妻を飲ませて、自分の家で会わせること。しかも酔わせて同じベッドに寝かせること(笑)でも、結局は朝になったら、男同士・女同士で寝ていました(爆)

そのまま弟宅で話し合おうかというソック夫妻。
結局はジョンヒの気持ち次第なのよね。そしたら意外にも「時間が必要よ。恋人の頃に戻るのよ。そうやってもう一度最初からやり直してみない?」と言うジョンヒ。これはうまくいきそう。案の定、二人は「恋人時代」を楽しみ、ムービーメールを送りあってラブラブです~。

嫁にワビを入れるつもりのソック継母。ジョンヒの通販会社に会いに来ます。
義母「息子をとられそうで、バカにされたくなくて余計にいばっていじめていたの」
ジョ「私は美人をバカにしません」(うまいね~さすが年の功!
義母「私たち、6才しか違わないんだから、友達になれないかしら。姉のような姑よ」(さすが図々しい!
ついでに「通販のモデルできないかしら?この美貌だもの」と言い出す義母でした・・・

ハネムーンの見送りに空港まで来てくれとジョンヒに頼むアンナ。
空港では、2人分にしては多すぎる荷物をカートに載せたジョンヒョクが待っていました。その後ろから、バラの花で描いた「サランヘヨ」とプロポーズの時のアクセサリーを差し出して、跪くソック。「僕とやり直してくれませんか?」感激して抱き合う二人に、いつの間にか集まったギャラリーたちが拍手を送るのでした。この後、4人で旅行に行ったのかな??

その後、アンナは妊娠。
義母と義妹は、通販モデルになって、ジョンヒがナレーションをして売っているキムチをカメラに向かって頬ばっているのでした。

【視聴後記】
あまりにもうまくいきすぎのラストでしたね(笑)コメディだからよしとしましょう。
ドラマ全体の雰囲気としては、明るくて楽しかったです。話はちょっとこじんまりとし過ぎていたかな。かなりダレました。でもキャラがそれぞれ面白かったので、何とか最後まで見れましたね。サブキャラに支えられて?苦手なアン・ジェウクも克服できました(笑)
でも・・・あまりオススメしません、このドラマ。どーでもよくなってしまうから~。
[PR]
by kbkbY | 2006-02-21 19:20 | ベストカップル(終) | Comments(0)

輪舞曲~ロンド 06/02/19 Sunday

d0045458_2247107.jpg
21:00 TBS「輪舞曲~ロンド」第6話「キスの朝」

「俺のすべてを話す」と言ったショウ。
私の予想通りの(冗句)「流暢な」ではなかったけれど、本当に韓国語で本名や警察官であることを話し始めました・・・

「もう会えないかもしれないけれど、もし会えたらこの名前で呼んで」と、ユナの携帯の登録名を、西嶋ショウから金山琢己に変更して渡します。なんとなく危ない気もするが。
琢己「ちょっとの間だったけど、君に会えて楽しかった」
ユナ「ワタシモタノシカッタ。・・・会いたい、もう一度。あなたが好きだから。約束」
いつもの約束の指切りで小指を絡ませ、親指を合わせる瞬間で、ユナを抱きしめる琢己。おお~~ なんか見とれてしまいました(笑)

伊崎(石橋さん)は、琢己をすぐにでも逮捕するつもりでいるけれど、「もう少しだけ」と頼んで潜入捜査を続ける琢己は、風間の部屋のパソコンを開いている。そこへやってくるテファ兄ヨンジェ。「ナニシテル」
琢己は、偽札工場である船のことを「ポケット内携帯メール闇討ちテク」で伊崎に知らせます。
「ウシロムケ、テヲダセ」 ヨンジェの日本語も渋いです~。
二人がもみ合っていたところに、宋君(橋爪さん)がやってくる。
「ヨンジェ氏は君がモグラだと言っている」
琢己「モグラはこいつです」
ヨンジェは、琢己の車からモグラであることを確信していたんですよね。私、もっとキツイ責めが待ってると思ってました。「韓国のやり方の重い罰」?あ、それはチャングムか・・・

ともかく、二人に交互に銃を向ける宋君。これもまた不気味ですけど。宋君が警察の誰かに電話して?、伊崎はすぐに警察のモグラを捕まえました!(この辺なんかよく見てなかったんですけど)「牛山」とかいう人でしたね。いつもの4人顔アップのうちの一人でしたが。

さらに、波止場にいる女秘書に電話する宋君。この女が先週風間のパソコン打ってた人だ、な~んだ。
「他に船はなく静かです」という報告。宋君「他に船がなく??」にすぐ反応。「罠だ!」と言った時にはもう、伊崎が偽札工場である船に大捜索に入っていました。でも、風間は逃亡した後らしい。両方押さえておこうよ~~と思ったら、風間息子が伊崎の所へやってくる。「父の居場所を教えに来ました」なんなの、この子??

教えられた場所に風間を捕まえに行く琢己。
「君がモグラかい。たかが公務員のはしくれが」
さすが杉浦さん、余裕です。余裕のないのは琢己。今こそ父の恨みを果たす復讐の絶好のチャンス!風間の腕の傷も確認して見ていました。
風間「なるほど復讐か。実に陳腐だね」
琢己「謝って欲しい、父に。父を奪われた母に」
風間「断る。私はもう誰にも頭は下げぬ。下げれば自分の人生を否定することになる」
銃口を突きつけ、恨みと怒りで目に涙がこみ上げてきたように見えた琢己、けれど何とかこらえます。後から駆けつけた伊崎によって、署に連行される風間。すでにマスコミが押し掛けニュースになっています。テレビを見つめるアキラと琢己の母は「これで琢己が帰ってくるね」と言っていました。

いつもの川岸。だけど、朝です。そう、ここが「キスの朝」ね。
妹から「ネックレスはどうしたの?」と聞かれてから、ずっと探していたユナ。(夜も見つけてませんでした?夜は見つからないんじゃ~??ユナちゃん)
やってきた琢己に「ドジだねー」と言われる。「ドジ」って死語では?
ユナって「ドケチ」とか「ドジ」とか変な日本語ばっか覚えてしまいそう(笑)
「ただいま」と言ってユナを抱きしめる琢己。ああ~なんかこの辺から照れるわ、私・・・ともかく「キスの朝」でした(爆)

あの偽札船の上にいる琢己と伊崎。「よく殺さなかったな」と、復讐をこらえた琢己に言う伊崎。「それに飲み込まれたらダメだ。復讐の連鎖から逃れられなくなる。お前を殺人犯にしたら金山先輩に申し訳ないからな」これから琢己を警官に戻す準備をしてくれるという伊崎に、「ありがとうございました!」と敬礼する琢己。そのポーズじゃダメだとばかりに琢己の敬礼を直し、自分も敬礼したところで・・・撃たれてしまう伊崎!物陰に伊崎を移す琢己に「逃げろ」という伊崎。「しゃべんないで。しゃべんないでよ。黙ってろよ」と必死な琢己が悲しかった・・・敬礼の時、父と敬礼しあう子供の頃の琢己のシーンが短く入って・・・それも悲しかった。そして、伊崎は亡くなってしまいました。彼の最期の言葉は「二人で幸せになれ。そして家族・・・」で終わってしまいましたか。悲しむ琢己の目に入ったのは、何故か船に落ちているユナのネックレス!

その頃、ユナの携帯には電話が入る。「お父さん・・・」で、つづくです。
ええ~~ どうゆうこと~~??って感じでしたね!

ユナ父の役目は何?「元造幣局員」がポイントか、それとも料理人(また冗句デス)テファ兄の活躍もまだあるでしょうし・・・続きがまたまた気になってしまいました~。
[PR]
by kbkbY | 2006-02-20 22:47 | 輪舞曲~ロンド(終) | Comments(12)

チャングムの誓い 06/02/17 Friday

d0045458_9451655.jpg
23:00 NHK「チャングムの誓い」第18話「料理人の信念」

← 今週も子チャングムの回想シーン、ありました。一番辛いあたりです。悲しかったですね。本当に苦労してきたのよね。しみじみしてしまいました。子チャングムには弱い方、多いでしょうね。

さて、宮中の外に隔離されてしまった最高尚君さま。どう見ても流行り病には見えません。ただ、本当に流行り病のミン尚君が寝てる部屋に一緒にいたら、病気が移ってしまうんじゃ??体調悪いのに・・・ここは私、突っ込み入れときました(笑)

そして、「薬は飲んでいるけれど、むくみはひどいし膝も痛い」と言っていた最高尚君。
その前に、クミョンが「(最高尚君の)病気の症状が悪化すれば。確実にしとめる」ということを言ってましたね!しかも声にドスがきいていたクミョン。すごく豹変しちゃってるんですけどー。早い。怖い。

例によって、(たまたまバッタリ会って)会話するチャングムとチョンホ様。そして(またまた偶然通りかかって)二人を見てしまうクミョン。でも、そのクミョンの表情には、以前のように哀しみ・苦しみというより、「フン!何よ。もう私は気にしないわ」くらいの強さが感じられました。やはりここが彼女の豹変の一番の原因ですものね。

そんな中、明国の使者がやってくるということで、態勢を立て直さなくてはならないスラッカン。最高尚君代理は、チェ尚君に。使者をもてなす太平館には、ハン尚君とチャングムが派遣されることになります。

チャングム用語集で太平館(テピョングァン)=明からの使者を泊めた宿所と、調べてみました。
でも、「太平館に行く」というと、「ごたごたに巻き込まれて左遷される」ことがほとんどだと言います。皆いい顔をしないんですよねー。もう戻っては来れないといった感じ。これは何事か起きそうです。

いよいよやってきた明の使者は糖尿病で、薬を飲む必要があるらしい。山海の珍味以外は口にしないグルメなお方だけれど、ハン尚君は、旅の疲れもあるので、油気の多いご馳走は控えて、体によい野菜料理をお出しします。でも、料理を見ただけで顔を曇らすグルメなお方。長官もオ・ギョモも怒り出し、ハン尚君はつまみ出されてしまいました!

あわててハン尚君をかばうチャングム。
「料理人としてお体に悪い物はお出しできません。美味しい料理は体に毒でございます。10日、いえ、5日でもいいから体に良い料理を召し上がってください」これが料理人の信念ですね。長官はこれでちょっと頷いてました。物わかりのいいお方です。
でもチャングムもつまみ出されそうになった時、グルメなお方が言います。
「いや待て。話を聞こうか。5日と申したな。もし5日食べても良くならなかったら、どんな罰でも受けるのだぞ。身体に良いといっても不味いものはだめだ。お前が作れ」と命令されてしまうチャングム。罰って「明国のやり方の重い罰」だって!なんか、すごそう・・・

このもめ事を聞いて太平館に料理しにやってきたチェ尚君とクミョン。しかし、チャングムは二人を追い返してしまいます。「なんと生意気な口をきくのだ!」と怒るチェ尚君。しかしクミョンは「帰りましょう尚君様」と冷静。しかも声のトーンがまたすごく低くてすごみさえ感じてしまったんだけど~。「やらせておけば?」て感じ?やっぱりクミョンは変わったー!

5日間のチャングムの「身体に優しい料理」。すごく工夫して作っているようだけど、不味そうに食べるグルメなお方。その後にチェ尚君が腕をふるってすごい料理をお出しします。今度は満足そうに「実に美味しい料理であった」と言います。そしてチャングムの処分は??で、つづくです。なんかグルメなお方のコメントも楽しみなんですけど・・・「明国の重い罰」が楽しみなわけではありません、決して(笑)

さて、正直なチョンホ様。今週は・・・(笑)
チャングムには、「流行り病のことを聞いて心配していました」と声をかけたけれど、クミョンにはいきなり本題(パンスルの高麗人参取引のこと)から入るチョンホ様。クミョンに「私の身体のことは心配なさって下さらないのですか?」とばかりに、催促されてしまいました~(笑)。そう言われてから体調を尋ねても、クミョンは無言でお辞儀をして去ってしまいました。人参の話も出来なかったし・・・チョンホ様ったら~~

そして今週のトック夫妻
宮中の入り口に、流行り病チェックのため、行列ができていたのを「何かもらえんのかね」と勇み立つ夫妻(笑)。「あんたの得意技の2をやりな」という妻。それって「割り込み」、ちなみに得意技の1は金を取って逃げることだって(爆) おいおい~~

それから、ハン尚君に、最高尚君の具合を見てきてほしいと頼まれるトック。流行り病の蔓延している所に行くのをビビってしまうトックをよそに、行かせようとするトック妻はしっかりお金を催促します。葬式代て言ってたよ!(爆)しっかりしすぎてるわ~ そしてハン尚君のお顔はまた曇ってました・・・合わないのよね、トック妻と。

でも立派にミッションを果たしたトックは、最高尚君からの手紙を預かってきます。手紙を読んで「流行り病ではないらしい」とチャングムに言うハン尚君。「なんと卑怯な真似を」と怒っていました。ますますチェ一派との対立は深まりそうです。
[PR]
by kbkbY | 2006-02-18 09:46 | チャングムの誓い(地上波)(終) | Comments(32)