かつては韓ドラブログ。今はジュンス@JYJペン!時々書きます。
by kbkbY
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
【別館のご案内】
【Xiah Love】
TVXQのYouTubeばかり集めた私(別名xiahxx)のブログです
記事ランキング
画像一覧
検索
最新の記事
今週気づいたこと#5 17/..
at 2017-04-29 09:52
ゴハン行こうよ#15-2 1..
at 2017-04-28 10:56
星から来たあなた#4 17/..
at 2017-04-26 13:48
星から来たあなた#3 17/..
at 2017-04-25 13:57
ゴハン行こうよ#15 17/..
at 2017-04-24 20:01
今週気づいたこと#4 17/..
at 2017-04-24 12:01
今週気づいたこと#3 17/..
at 2017-04-22 10:09
今週気づいたこと#2 17/..
at 2017-04-20 11:27
星から来たあなた#2 17/..
at 2017-04-19 13:45
星から来たあなた#1 17/..
at 2017-04-18 15:43
最新のトラックバック
ベートーベン・ウィルス ..
from ☆+*+パンダのドラマ&いろ..
食客 第17話
from ☆+*+パンダのドラマ&いろ..
食客 第12話
from ☆+*+パンダのドラマ&いろ..
新大久保 ”味ちゃん”行..
from 韓ドラのたまり場
おもいでいっぱい☆
from おはよう!かわいいワンちゃん
フォロー中のブログ
~xiaHeaven`s...
カテゴリ
全体
星から来たあなた
JYJ
東方神起
パク・ヨンハ
韓国ドラマ
韓国映画
曜日別(2005/5月)
韓タメ
キルミー・ヒールミー(終)
ミセン(終)
屋根部屋のネコ(終)
チャングムの誓い(BS)(終)
ガラスの華(終)
チャングムの誓い(地上波)(終)
アニメ・少女チャングムの夢
美しい彼女(終)
太陽に向かって(終)
Happy Together(終)
悲しき恋歌(終)
真実(終)
サラン ~Love~(終)
初恋(終)
オールイン(終)
ラブレター(終)
愛の群像(終)
秘密(終)
天国の階段(終)
ベストカップル(終)
窈窕淑女(終)
新入社員(終)
ローファーム(終)
チェオクの剣(終)
ピアノ(終)
サンドゥ、学校へ行こう!(終)
輪舞曲~ロンド(終)
雪だるま(終)
グリーンローズ(終)
天国の樹(終)
快傑春香(終)
クッキ(終)
ラブ・バード(終)
砂時計(終)
勝手にしやがれ(終)
アイルランド(終)
ウェディング(終)
4月のキス(終)
火の鳥(終)
愛していると云って(終)
冬のソナタ(TBS版)(終)
星を射る(終)
春のワルツ(終)
天国の階段(TBS版)(終)
プラハの恋人(終)
フルハウス(終)
復活(終)
宮~ラブ・イン・パレス(終)
北京 My Love(終)
ホジュン(終)
私の名前はキム・サムスン(終)
スマイルアゲイン(終)
キツネちゃん、何して~?(終)
雪の女王(終)
君☆(終)
ある素敵な日(終)
ファンカ(終)
マイガール(終)
宮S(終)
バラ色の人生(終)
ブルーフィッシュ(終)
天国への扉(終)
わが家(リタイア)
銭の戦争(終)
タルジャの春(終)
白い巨塔(リタイア)
朱蒙
白雪姫(DVD)
ラストダンス~(DVD)
不良家族(DVD)
コマスムニダ(DVD)
外科医ポンダルヒ(DVD)
ニューハート(DVD)
オンエア(終)
食客(終)
スリングショット(終)
魔王(終)
IRIS(DVD)
犬とオオカミの時間(DVD)
ベートーベン・ウィルス(終)
ボスを守れ(終)
その他
韓国旅行
SJ
ジュンス
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 08月
2016年 05月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
ライフログ

BEST SELECTION 2010(2CD+DVD)


BREAK OUT!(ジャケットA)


HISTORY in JAPAN Vol.4 [DVD]


COLORS~Melody and Harmony~/Shelter


4TH LIVE TOUR 2009-THE SECRET CODE-FINAL IN TOKYO DOME [DVD]


All About 東方神起 Season 3 [DVD]


3rd LIVE TOUR 2008~T~


T(2DVD付)


The Secret Code(2CD+DVD付)


どうして君を好きになってしまったんだろう?


呪文-MIROTIC-(DVD付)


Bolero / Kiss The Baby Sky / 忘れないで(DVD付)


Survivor ~090325 4th Album


Share The World / ウィーアー!(DVD付)(ジャケットA)


Stand by U(DVD付)(ジャケットA)


Memories in 2010 [DVD]


THANKSGIVING LIVE IN DOME【通常盤】


XIAH(DVD付)(ジャケットA)【初回限定盤】


THANKSGIVING LIVE IN DOME LIVE CD


JYJ first Album- The Beginning(韓国盤) [限定盤]


「THANKSGIVING LIVE IN DOME LIVE CD」+「Memories in 2010」(DVD)<特典ポストカード3枚組セット付き>


JYJ Music Essay - Their Rooms(韓国盤)


3HREE VOICES [DVD]


JUNSU/JEJUNG/YUCHUN THANKSGIVING LIVE IN DOME PHOTO BOOK [ライヴフォトブック:DVDではありません]


Why? (Keep Your Head Down) (DVD付)(ジャケットA)


東方神起 History in JAPAN SPECIAL [DVD]


ズームしか知らない東方神起 DVD


韓国ドラマ「成均館スキャンダル」OST


JYJ / The Beginning (2CD+1DVD) (Worldwide Concert In Seoul Edition)(韓国盤)

その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
韓流スター・ドラマ

ホジュン視聴完了! 07/07/06 Friday

とうとう私も「ホジュン」の視聴を完了いたしましたーーー!!
実は「駆け足視聴」になってしまったのですが。。。
d0045458_10344384.jpg


BSで放送が終了し、母が焼いた(とゆーか焼いてもらった)DVDが我が家に届いたのですが、実は「けつかっちん」?で、すぐ貸して欲しいという人が別にもいると言われまして。。。母と相談した結果、私がすでに見た30話までのDVDはそちらの人にお貸しして、続き~最終回までを急いで見て送り返してという話になってしまったのです~~!結論から申しまして、毎日すごい勢いで見て、昨日、もうDVDを母に送り返したところです、ぜーぜーぜー。
そんなことで、一気見だったので1話ごとの詳しいレビューが書けそうにないということを、私の事情としてご説明したわけですが。。。

「ホジュン」、本当に感動しました!なんて深いんだ~。もうもう涙、涙、で素晴らしかった!!

私がすでに見ていた30話というのが、ウィテ師匠の壮絶な死だったわけです。ここで私も一旦ガックリ落ち込んでしまい、辛くて続きを見る気力がなくなってしまったほどでした。(それが5月下旬のこと)

そして、およそ一月ぶりに視聴再開したところは、ホジュンが試験を受けて宮中に入るあたり。素晴らしく優秀な成績で合格したホジュンだったけれど、配属されたのは格下な恵民署でした。でも不満を言うホジュンじゃありませんよね。後ろでは政治的なモロモロがあるけれど、病人を治療することに変わりはないという態度を貫くのがホジュン流。しかも、イェジンと再会できて良かったわ~と再び役者がそろってきました。

役者といえば、王様@チャングムの処刑がありました(41話)。彼ジョンミョンが無実の罪で処刑される時、医女として毒を持っていったのが皮肉にもイェジンで。。。ジョンミョンはイェジンを思っていたし、ジョンミョンはホジュンに、イェジンがホジュンを秘かに愛していることも伝えていましたね。。。

この頃、王の側室恭嬪殿の弟の治療を任されたホジュン。口眼咼斜で口が激しく曲がってしまっている患者だったけれど、それよりも反胃(胃ガン)を突き止めたホジュンは、口の方は後回しに反胃の治療を優先したので、あちこちから軋轢を受け、患者自身にも信用されずに苦労しました。殿下にも「宮中に戯言はなし」(約束通り、治療できなければ罰を与えられるということ)と念を押されていたホジュンは、なんだか崖っぷちで治療しているようなもので・・・約束の日になっても患者が好転しなかったので、右手切断の罰を受ける危機に陥ってしまいました~!しかしまさに危機一髪、患者が好転したとの知らせが届き、罰を受けるどころか、殿下からご褒美までいただけることになって!!ほんとにハラハラしたわよー!(44話

でも、ハラハラドキドキはこれで終わらなかった~。ホジュンの過去を洗っていた役人が、密貿易をしていたことと、両班のダヒちゃんとの結婚(これ、法律に触れる大罪なのね!)でもって、ホジュン夫婦を捕らえにきます!しかし、そんな中でも、、恭嬪様の真心痛(心筋梗塞)を救ったホジュンは殿下から赦免を受けて一安心~(53話

ホジュンは恭嬪様、ドジは仁嬪様の宮医にそれぞれ任命されたけれど、正妻・側室の違いや大臣たちの派閥など、宮中は政事が本当に大変。ホジュンの治療の甲斐もなく、恭嬪様は幼い王子を残して亡くなってしまったし。

ドジは嫡子、信城君の治療にあたっていたけれど、単なる腫れ物ではなさそう・・・自信のないドジはホジュンに治療を丸投げしちゃったりして~!ここでホジュンのオドロキの治療「ヒル治療」が出るわけね!(55話
インタビューのグァンリョルさん、「ヒルは意外に可愛かった」て~(笑)
ヒルをわが子の背中に見た仁嬪様の怒りも分かるけど、王はホジュンを信じて治療を続けさせてくれました。そして、治療がうまく行ったことで、ホジュンは御医に任命され、位が上がって両班にまでなってしまいました~。めでたしめでたし。

しかし、平穏な時は束の間。なんと倭寇の襲撃で国は大変なことになってしまいました・・・
ホジュンは医書を守りたい一心で、避難する王族たちの点呼に遅れ。。。家族とも生き別れになり。ホジュン息子は「大義」のために家族を顧みない父を恨んでいたけれど・・・ダヒの説得もあり、やっと再会を果たしつつも、すぐに王の元へ行かねばならない父に「尊いお仕事をしているから」と父に理解を示す立派な息子になっていました。(59話

とにかく玉体=殿下を守らねばならないと、避難し続ける王室に、主治医として着いていたドジでしたが、大事な嫡子の王子が命を落としてしまいます。責任を追及され投獄されるドジ。。。ホジュンは、戦闘で右手に浅い傷を負っていたのを利用し、「ドジに針治療を」と言い、ドジをピンチから救うのでした。この後、ドジは今までの行動を反省し、ホジュンも「私が傷つけてしまうこともあったのですから」とドジに理解を示して、永遠のライバルな二人は奇跡?の和解を果たしました。(60話)いや~ホジュンの懐の深さ、人間の大きさに感動しました~!

このあたりで、ホジュンとイェジンとの恋仲のウワサが立ち(つーか、大臣たちが流した!怒)、イェジンは殿下に正直な気持ちを告げながら、宮中から去っていく場面がありましたね。もうここも涙でした~。二人の回想シーンまで流れて。。。辛かったです。

ホジュンは、10年もかけて医書編纂に力を注いできたけれど、とうとう殿下が崩御される事態に。。。そうなると、御医の立場も危ういといいます。大臣たちの醜い派閥争いもあったけれど、ホジュンに信頼を置く光海君がホジュンをかばい、極刑ではなく島流しの刑になりました。(63話
外部の人間と接触してはいけないホジュンの元に、貧しい病人たちが押し寄せてきて・・・見張りの下っ端役人も受付係みたいになっています(笑)
そんなところに内医院の皆が、医書編纂はホジュンに頼もうということで、医書を抱えて内緒でホジュンに会いにきたりして~。
この内医院との密通がバレてしまったけれど、ホジュンを慕い続けてきた光海君はホジュンを呼び戻しましたね。でもホジュンは、宮中ではなく故郷に戻りたいと、光海君に直訴。手放したくないと思う光海君も、ホジュンの願いを叶えてくれました。

山陰のユ医院に戻ったホジュン夫妻(母は亡くなってしまったんです・・・)。オグン夫妻(ホクロの妻ね)と一緒に医院をはじめることに。別れ際、イルソが泣いていたのが印象的だったけど・・・山陰には、元弟子のコクセ(長官@チャングム)まで来たよ~!懐かしい(笑)そして、クライマックス・・・ホジュンは病舎の患者に針を打ちながら息を引き取ってしまいました。。。
(DVDでは全64話、BSの放送は全65話になっていました)

DVD特典には、ホジュン役のチョン・グァンリョルさんインタビューがありました。これは、7月1週目に「ホジュン名場面集」として、BSで放送された中に出てきたインタビューと同じものでした。
以前にもホジュンを描いたドラマがあったということですが、それはホジュンの医術の素晴らしさを主に描いたものだったということ。今回は、チョン・グァンリョルさんと脚本家(「オールイン」執筆者)とで相談して、もっとホジュンの人間性を深めていこうと決めたという話でした。
そんなことで誕生したドラマ「ホジュン」。貧しい人達の生活も考えて治療にあたり、宮中で大臣たちに振り回されようとも、医者としてやるべきことを真っ先に考えていたホジュン。10年以上かけて医書の編纂に力を入れ完成させたのも、後世のために素晴らしいことでした。そして彼が目指す「心医」というもの。ウィテ師匠の教えが本当に胸を打ちました。確かに地味だけど、私は「チャングム」より好きになったみたいです。

こんな大雑把なレビューしかできませんでしたが、ご了承ください。

それから、ちょっと疑問なんですが、ドジの母と嫁はどこ行ったーーー?!
分る方、コメントよろしくどうぞ~。

では脇キャラチェック
ホジュン妻ダヒちゃん、最後まで何故か苦手な私でしたが(苦笑)、素晴らしい妻でした。聡明ながら控えめで、ほんとによくできた妻だった。ホジュンの葬列で泣いていたのが最後の出演でしたね。

その後、ドラマを〆たのがイェジンだった。やはりホジュンにとっても大きな存在の女性だったということですね。ホジュンの墓参りをする年老いたイェジン。ホジュン夫妻の愛の深さに、片思いをしていたような形ではあったけれど、イェジンとホジュンは、男女の愛を越えた医員として同じの志を持った同士のような(もしくは師匠ホジュンと彼に従うイェジンといったような)結びつきの深さがありました。お互い思いを口に出すことはなかったけれど、イェジンが「あの世に行ったら。。。」という余韻を残してドラマ終了となったところが意味深というか、イェジンのただならぬ思いを感じさせました。

脇キャラでいったら、何といってもオグン(トック叔父@チャングム)ですね~。ユ医院にいた頃は、後輩のホジュンが憎たらしいこともあったでしょうけど、宮中に入ってからは、ホジュンのよき理解者でありました。そして数々のアドリブ!(笑)まさに「お笑い担当」。どんな深刻な場面でも、彼のとぼけた一言で救われることが沢山ありました。そして、(描き)ホクロの医女長ホンチュンとのまさかの結婚~!クールな奥さんとの対比がまた面白かった。

そして、いつも大騒ぎなイルソ&ハマン夫妻と、ホジュンの従順な舎弟ヤンテ。彼らも立派な「賑やかし」でした(笑)。ヤンテは働き者(かなあ?笑)で、ホジュン一家にはすごくよく仕えていたわね。
口が減らないというか、口が災いの元なハマンは、なかなかキョウレツなキャラでした。きっと女優さんも楽しんで演じていたんじゃないかな~。
そして、女と金に弱いしょーもないイルソもなかなかの人情派で、ホジュンを慕って付いて来たし、最後にはホジュンとの別れが辛くて泣いていたわ。パンスル@チャングムとは大違いのなかなかラブリーなキャラでしたよね(笑)

アン師匠とちょっとカブってるマンギョン(でしたっけ?)、ずっと恵民署務めの医員。チャングムの菜園にいた人ってマンギョンの方ですよね?(汗)ともかく、この人も好きだったなあ。ホジュンと同期の二人もいい人でしたよね。
アン師匠といえば、多分彼に教わった崖の上でのヨガのような修行。あのシーンで、どうしたことか、崖の上でホジュンさん、ロケ中に居眠りしちゃって、もう少しで転げ落ちて死にそうになったとインタビューで言ってましたよー。あぶねー!

そしてウィテ師匠、サムジョク大師とその息子サンファ
ウィテ師匠の深さについては、30話までにいろいろ書いたと思うけど、ちょっと回想シーンで姿を見るだけでも涙がじわ~と出るほど、いろいろ教えてもらいました。素晴らしい師匠ですね。
悪縁だったサムジョク大師とサンファのことも、辛い事実だったけれど、サンファがそれを乗り越えていい青年になったのがうれしかった!宮中に入ってホジュンに仕え、薬草の研究の時もホジュンと野山を歩き、倭人に撃たれてしまって取り残された時も、ホジュンを恨むことなく、再びホジュンを支えてくれて。なんとゆーかすごい無表情なんだけど(多分、感情を押し殺して生きてきたからかな、などと思いつつ)、サンファ、良かったですねー!

さてこれから、母が買ってしまった!という「朱蒙」が届く予定です(爆)
母は「ホジュンもいいけど、朱蒙も見応えあるわよー!」と押してます。果たして私にはどうかしら~??チョン・グァンリョルさんが王様役だというので、たのしみにはしているんだけど、長いのよね~
でも母も「チャングムよりも、もう一度最初から見直したいと思うのはホジュンだわ」としみじみ語っていましたよ。それは私も同じだなあ。

d0045458_12475962.jpg

最後は、チョン・グァンリョルさんご夫妻のツーショットで~(笑)
女優さんみたいに美しい奥様はスタイリストだそうです。結婚13年で小学生の男の子がいるというご夫妻。しかし、奥様の方がオーラがあって、グァンリョルさん、ふつーのサラリーマンみたいだわ~(爆)ああ、でもグァンリョルさんの「会社の上司役」も見たいかも!
[PR]
by kbkbY | 2007-07-08 16:50 | ホジュン(終) | Comments(16)
Commented by kbkbY at 2007-07-08 17:45
> 宣伝部長りょうさんへ

そんなわけで、駆け足視聴になってしまい、こんな形のレビューでなんだかりょうさんに申し訳なく思っております。。。
でもホジュンの素晴らしさは十分堪能できました。各話ラストは、次に行きたい気持ちマックスな演出なので、もう堪え切れずにどんどん見ていきましたよー。
正直、宮中編はスケール小さいのかな?と心配もしましたが、ほんとに引き込まれていきました。書き足らないこともありますが、また裏話などありましたら、コメントよろしくお願いします~
Commented by hiromama at 2007-07-08 19:36 x
ハハッ、kbkbyさんに、珍しい、、早い視聴やむおえず、、ですかね、
お疲れ。。大変だったでしょ、人間性を、描いてるというか、医者ホジュン
という人の、本当の姿が、見たくなった、作品だったなぁ、
オールイン好きな人は、朱蒙かも、、質が違うかな。。。でも、
見ごたえあるよ、内面は、ホジュン、見ごたえは、チュモン、男の世界ってかんじ、忠誠を、誓う・・っていうか、・もう、ヒジンどころか、ムカつく奴
ごまんといてさ、腹たつんだよね。。67話。。です、もし、チュモン、ハイメルときは、声かけて、、、でも、k
Commented by ponco at 2007-07-09 08:35 x
完走おめでとうございます!
TBしたいのですが、エキサイトさんの仕様でできないのね・・・残念。
チャングム王がホジュンの武官、チャングム父がホジュンの王様、ホジュンがチュモンの王様・・・・・
『王様ドミノ倒し』と名づけました~
オグンとイルソのお笑いコンビは最後の葬列シーンでもお笑いコンビでしたわ。(^_^;)
Commented by kbkbY at 2007-07-09 17:50
> hiromamaさん

ねね?珍しいでしょ?一気見だなんて・・・
「気がつけばDVDがそこにある」 だしね~
早く送り返せとのお達しで、すごいプレッシャーだったし。。。
でも一気見もいいもんだわねえ(笑)思い切り泣いて、爽やかともよべる気分になったわ。ホジュン、素晴らしかったです。でも、月~金毎日正午じゃリタイアしていたかもよ~一気見よりそっちの方が私には過酷だよ(泣)
hiromamaさんがこんなに入れ込んでる朱蒙、たのしみにしてるよ。レビューが書けるかどうかは分からないけど、またBBSで語りましょ!
Commented by kbkbY at 2007-07-09 18:29
> poncoさん

ありがとうございます~!poncoさんも完走チュカエ~。
お祝いといえば、poncoさんのところはすっかりビョン兄センイル祭りでんなあ(笑)
もちろん『王様ドミノ倒し』は、poncoさんのところで読んでいましたとも~!
イェジンこそが演歌系だと、早くからチェックされてたponcoさんの言葉が最終回にまで染みましたね~ほんと、イェジンはまさしく演歌の女だったわー!終生演歌を通してくれることでしょう。
オグンとイルソはおもろいキャラでしたね。監督ってこういう「息抜き」がお好みなのかしらん(笑)
Commented by hiromama at 2007-07-09 20:27 x
お~~ぉ、びっくり、レスした前に見終わってたのね、一気なんて、珍しいらかさ、、しかし、疲れ目、、よ、そりゃ~^^言われるわね、ハンパじゃないもん、昨夜は、1話だけ、1話と言い聞かせ、早い時間に縫うように
見たにもかかわらず・・やっぱ誘惑に負け、結局。2~3話。走りぬけ
今74話。。延長したにも、かかわらず、見たい見たい病よ、困ったちゃんよね、息子にDVdの見すぎやで~~といえない
Commented by hiromama at 2007-07-09 20:34 x
ホジュン、良いドラマよね、チュモン、ハラハラドキドキ、時々面白いキャラあり、薀蓄な、言葉あり、結構、男の志の、忠誠を近い、成し遂げるのも、
好きなんだわ~~ダヒさんも、大概可哀相で、ダヒさん派なの、ヤッパ私母だし、今チュモンで、又幸薄い、妻いるのよ,、佳境にはいったのに、
まだ、難題ありかい、と、、泣いてたとこ、いいわぁ~~韓ドラ、大河万歳
随分かぶれててミヤネ・万が一、チュモン、見る機会あれば、
ぜひ、教えて、、アップしないでも、メールしてして。母上と語りたいよ^^^ホント・・・イエヨヤさん、可哀相ね、と、伝えてね、、」
Commented by kbkbY at 2007-07-10 08:52
> hiromamaさん

そうなの~一気見したのよー珍しいでしょ(笑)
そちらは74話まできたのね、もうすぐ完走だねー!
「見たい見たい病」も名言ですわ~(笑)ファイティ~ン!
私も息子にゲームやりすぎ!とは言えなくなるよ(笑)

ダヒちゃんは確かに健気で苦労続きで可哀想なんだけど、ど~もあの女優さんが「粘着質」ぽくて、最後まで苦手でした。。。
朱蒙の「幸薄い妻」、私はどんな風に感じるか、たのしみね。
とにかく朱蒙DVD届いたらメールするわ~。母ったら、私に送る前にちょっと見てみようと思ったらドップリ見始めちゃったみたいで、今、中盤なんだとさ。。。ゆっくりでいいから送ってと言うついでに「オールイン」も一緒に送ってとおねだりしちゃいました!うーこっちも楽しみ~!!

「イエヨヤさん、可哀相ね」と言えば分かるのね?母に言っておきます(笑)


Commented by hiromama at 2007-07-10 11:26 x
追伸、、イエソヤさんは、チュモンの、正室なんだけど、可哀相なの、
宮の、ヒョリンの俳優さんだよ、こっちが、断然良い、宮よりね、
お母様によろしく、
Commented by kbkbY at 2007-07-11 13:41
> hiromamaさん

イエソヤさん、ヒョリン@宮なのね~。えこさんが、「朱蒙の契約があるから途中で宮を降板した」と言ってたわ。

>お母様によろしく、
どうも~。DVD,一向に届く気配はありませんが。。。(笑)
Commented by panda at 2007-07-14 11:15 x
kbkbYさん、お疲れ様でした~

「ホジュン」はみんな普通の人達で、でもそれぞれ人間味があって引きこまれました。
ジュンは頭は良かったけどたくさん努力してたし、
よく挫折して落ち込んで酒に逃げたりしながらも、尊敬される人となり、
それでも尚「心医」への道を模索して歩き続けてアッパレでした。
ジュンの同期の二人やキム医官(「チャングム…」のウンベクさんで正解よ♪)もよき理解者だったし、
ウィテ先生はもちろん、サムジョク大師、アン先生という、よき師匠たちとの出会い、
支えてくれたダヒといい、見守ってくれてたイェジン(私も「同士」と思ったわ)、
そんな周りの人々に支えられて幸せなジュンでした。
サンファは無表情だけど、一人だけ背がヒョロっと高くてお気に入りキャラでした~
「ホテリアー」にも出てるのよ♪子サンファは、「復活」の中学生ハウンです。

「チュモン」は面白いよ~でも週一ってのは辛いです。
だって81話、1年半異常かかるのよ~。
ホジュンは週5と大変だったけど、一気に見れて良かったわ!
Commented by kbkbY at 2007-07-14 18:57
> pandaさん

お疲れでした~長かったねー。
私などは結局連日放送についていけなくなって、DVD頼りだったけど、たくさんのレビューを細かくアップしたpandaさんに頭が下がる思い!pandaさんはまたじっくり話を書き上げていくタイプですもんね。その分充実度も大きかったのでは~?

>ホジュンは週5と大変だったけど、一気に見れて良かったわ!
なるほど~確かに週1も辛いかも・・・「チュモン」は母からのDVD(笑)で一気にいくつもりです。

さて、ホジュンも確かに人間くさいドラマだったわね。彼自身の成長、かたくななまでの信念、見応えがあったわ~。
pandaさんが挙げられたキャラ、皆がいとおしく、素晴らしく、ジーンと胸が熱くなります。

>サンファは無表情だけど、一人だけ背がヒョロっと高くてお気に入りキャラでした~
ほんとね。結構いろんなところに出てるのよね。うん!「ホテリアー」で見たわ~。
でも中学生ハウン@復活~~?!こ、これは火曜日にチェックしなくてはー!さすが脇役チェックまで詳しいpandaさん~~!!

そちらにはまたお邪魔しますね!
Commented by りょう at 2007-07-15 02:12 x
kbkbYさ~ん、部長としたことが超遅れましてチョンマルミアネ~m(__)m
実は個人的にいろいろともう大変でして…(汗)

まずは視聴&一気レビュー、お疲れ様でした。
お母様ともども楽しんでいただけて何よりです。

やはりこれは何度見ても「名作」ですよ。
それが如実に表れてるのが今時の史劇に使われがちな派手さと華やかさそしてイケメン俳優を一切使わずにラストまで一気に視聴者を釘付けにしたこと。
これら今のドラマの必須条件なくして視聴率が64%なんて…
これってまさしく「奇跡」に近いドラマですよ。
なんと言うか「物語の本質」のみで見せてしまう強烈な力がありました。

前半はウィテ初め3師匠が、後半はホジュン本人とイェジン、ダヒ
そして仲間が物語をぐいぐい引っ張りましたね。
僕としてはホジュンとウィテとの絆が描かれた前半が好きでしたけどね。
Commented by りょう at 2007-07-15 02:12 x
続きです。

僕も初見時ではまず第一にシナリオに抜群の安定感と奥深さがある上に
演じる役者が熟練の方ばかりで見てて安心感があったといった感じでした。
なかでも普通のおじさん代表のグァンヨルさん。
これで一気にブレークして、いまじゃ史劇になくてはならない俳優になりつつあります。それも重要な役どころばかりの。

それとなんと言ってもラストを飾ったイェジンでしょう!!
いやぁ~、ほんとに素晴らしかった!!
これだけは絶対外せないなぁ!!
あのセリフはファンならずとも感動だったでしょ?

僕は半分以上はこの「イェジン目線」でしたね。
それにしても奥さんもイェジンに負けないほどきれいな方ですね。
年齢差がかなりありそうだけど(爆)

また折を見て入れます。
Commented by kbkbY at 2007-07-15 11:35
> りょうさん

いえいえ~お忙しいのにコメント、コマオヨ~!

ともかく、私も母も「ホジュン」には大満足~気持ちよく泣かせていただきました!

りょうさんの「名作」分析論、納得ですね。確かにイケメンいないし~~(爆)て、一番がそこかよ~(呆)
あの毎回ラストのイラスト風になる「ガガーーン」てのに、ついついどんどん引き込まれていった感じでしたよ~。ほんとに「続きが気になる!!」の演出でした。

>僕としてはホジュンとウィテとの絆が描かれた前半が好きでしたけどね。
私も同じくです。本当に素晴らしかった!ウィテの壮絶な死で、一旦テンションがガクっと下がり、少し休憩を入れたのは、私としては正解だと思いました。
その後の宮中のあれこれは、やはり大臣の政事が絡んできて醜くて・・・もちろん政事に関係なく、「心医」のモットーを貫いたホジュンには感動したんですが、かなりキツく感じてしまいました。
Commented by kbkbY at 2007-07-15 11:36
> りょうさん2

>演じる役者が熟練の方ばかりで見てて安心感があったといった感じでした。
なるほど~確かにそうですね!オグンはもちろん、イルソ&ハマン夫妻のコミカルな演技も、熟練の良さが発揮されていました。ハマン、すげーうるさかったけど(笑)

ラストがダヒちゃんでなく、イェジンだったところ。イェジン命のりょうさんは大満足でしょうけれど、やはり主婦連としてはちょっとしたジェラシーも感じましたよ(笑)もちろん感動したし、「あの世に行ったら・・・」と、イェジンにはどこまでもホジュンへの思いがあるんだなあと実感したわけですが。

私は、特別に目線は設定してなかったかな~。それぞれの人物を愛おしく眺めている感じで、楽しんだり感動したりしてました。

グァンリョルさんの奥さん、若くておきれいですよねー!ほんと、相当年齢差がありそうなのに「結婚13年」て、一体いくつの花嫁もらったんだよー?!て感じ(笑)

またぜひ、撮影裏話など、お暇な時に入れてくださいね~。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード